卓球 ペンラケットの持ち方!上達に大きく左右するので正しく覚えよう!

卓球をこれから始める人で日ペンのラケットを使う方!持ち方はどうすればいいのか?疑問に思うはず。また、卓球を始めたばかりの人で日ペンのラケット使用者の中には間違った持ち方で練習している人を見かけたりもします。今回は日ペンラケットの正しい持ち方を確認していきましょう。

【卓球】ペンラケットの持ち方について

卓球やっている人の中には「日ペンのラケットの持ち方がわからない!これで合っているのか?」不安に感じている人もいるはず。そこで今回は下記の動画を参考に日ペンの持ち方について見なおしてほしいと思います。

動画でも話していますが、後ろ指を3本開いて持つのは絶対にやめるべき持ち方。フォアは打ちやすいけど、バックショートが出来なくなる為です。後ろ指を3本開いてという持ち方では試合で勝てなくなるでしょう。

【卓球】日ペンの持ち方と握り方について!~初心者向け~

 

上記の動画では初心者向けに日ペンラケットの持ち方について解説。卓球で試合で勝ちたいのであれば正しい持ち方を覚えて下さいね!

次に、深持ちと浅持ちについて。日ペンラケットを使う卓人は基本的に深持ちの人が多いです。その方がフォアの威力が上がり、ブロックも安定する為。

しかし自分は学生の頃、浅持ちを教わり今日まできています。浅持ちにすることで切りかえしのやりやすさや操作性に優れます。深持ち,浅持ちのメリットデメリットについて動画で話していますのでご覧ください。

【卓球】日ペン注目!持ち方によるメリットデメリットを解説!

 

ちなみに、全国レベルの人達はほぼ全員深持ちみたいですね。現在プラボールになり、全国クラスだと威力ある球で攻めていかないとキツイ部分があるのでしょう。しかし、県レベルとかなら浅持ちでも大丈夫かと思います。(威力の面で)

セルボール時代であれば浅持ちでも威力ある球でいけました。現に、自分は学生の頃浅持ちを教わりましたが、その教えてくれた人は日ペンラケットで浅持ちで全国大会に何度も出場していましたからね。

今はプラボールになり時代が変わったので浅持ちだと全国で戦っていく際、難しさがあるのかもわかりませんが・・・。

自分は特に全国目指して卓球をやっているわけではないし、プレイスタイルもバックで振り回したり操作性を重視しているので浅持ちのままでいます。浅持ちでも県レベルの選手には十分通用しますので!

今回は卓球のペンラケットの持ち方について色々お話しをしてみました。日ペンラケットの持ち方に悩んでいる方は是非、上記を参考にしてみて下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る