卓球 ペン粒高(ペン粒だか)に対しての戦術!

卓球のペン粒高(ペン粒だか)、異質の戦型なので慣れていないとコロッとやられてしまうことがあるかと思います。ペン粒高に対しての戦術はどうすればいいのか?初心者~初級者層は特に気になるのではないでしょうか?戦い方をわかっていないと何もわからずにやられてしまうなんてことになりかねません。ペン粒高に対しての戦術を卓球初心者や初級者は確認してほしいと思います。

【卓球】戦術!ペン粒高(ペン粒だか)に勝つ為には?

卓球のペン粒高(ペン粒だか)に対しての戦術、よく言われるのはサーブの部分です。普段、横下回転など横系のサーブを使っている人が多いかと思いますが、粒高プレイヤーに対して横系のサーブを出してしまうと、3球目で自分が苦しくなってしまうパターンに陥ります。回転が少し複雑になって返ってきますからね・・・。球がブレたり変化したり。

友人の粒高プレイヤーも順横回転や巻き込み、YGサーブをどんどん使ってほしいと話していましたw

もちろん、横系のサーブを出して3球目でしっかり自分が攻めれる展開になるのであればよいですが、そうでなければ縦回転メインにした方が無難でしょう。下回転,ナックル,上回転とシンプルなサーブの方が3球目、自分の攻めが楽になります。

サーブ

上記で話した通り、縦回転サーブをメインにコースを考えて出すのがポイントとなります。フォア前のショートサーブとバックへ速いロングサーブを出来るだけ同じフォームで出したり、バック前のショートサーブとフォアへ速いロングサーブの組み合わせなど。

下回転に対してのドライブ

回転のかかったドライブをすることで強くかかった下回転が返ってくるので、それをまたドライブして・・・というのは中々大変。上手い選手になってくると繋ぎのドライブを裏面でカウンターしたりもしてきます。
なので、ドライブばかりで攻めるのではなく、ツッツキも混ぜながら上手く攻めていくのがポイントとなります。

粒高選手に対して、バック側にほとんどサーブを出す人が多いかと思います。しかし、フォア前やフォアロングの対処が上手く出来ない,難しいという粒高プレイヤーはいますので、フォア側にサーブを出す意識も忘れずに。

下回転,ナックル,上回転サーブをフォア前,フォアロング,バック前,バックロング、そしてミドル前やミドルロングへ出してみてどういった返球がくるのか?この粒高選手はここにきたこの回転のサーブのレシーブが苦手なのか?など序盤で探りながら戦っていくとよいでしょう。

卓球のペン粒高に対しての基本的な戦術は上記の通り。これまでに粒高プレイヤーに全く歯が立たず苦戦していた卓人は是非、参考にしてみて下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る