卓球 ペンホルダーの握り方!深持ちと浅持ちのメリットデメリット!

卓球でペンホルダーを使っている人で初心者や初級者の方は握り方がよくわからなかったりするのではないでしょうか?今回は卓球のペンホルダーの握り方の説明を動画でしましたので是非、ご覧ください。

【卓球】ペンホルダーの握り方について

卓球のペンホルダーの握り方ですが、人それぞれ特徴が出ます。基本的な握り方は「グリップの付け根の部分を親指と人差し指で囲むようにし、残りの3本の指でバック面を支えるようにする。バック面を支える指は大きく広げたり伸ばしたり、曲げすぎたりしないようにすること。」とあります。

この基本的な握り方を踏まえて動画でわかりやすく説明していますので見てみて下さい。

【卓球】日ペン注目!持ち方によるメリットデメリットを解説!

 

動画内では基本的な握り方からの深持ちと浅持ちとでお話ししていますが、多くのペンホルダーを使う人は深持ちです。ペンホルダーの戦い方としてはフォアで攻めていくスタイルですので、深持ちで威力ある球が打てた方がよいですからね。

自分の場合はバックを多用するペンホルダーなので浅持ちにしています。(高校生の時に浅持ちで教わったというのもありますが・・・。)

卓球でペンホルダーを使う人は持ち方,握り方が人によりそれぞれ個性がでますし、削り方も人によって大分違います。人差し指,親指部分を大きく削る人もいればあまり削らない人も。裏面のコルクを削る人や取ってしまう人などさまざま。

ペンホルダーは個性が出るラケットですので、こういった部分でも卓球の面白さが表れるかと思います。

卓球初心者や初級者でペンホルダーを使う人はまずは、基本的な正しいとされる握り方を身につけて練習するようにしましょう。最初の内は持ち辛くて大変かと思いますが、たくさん練習して慣れていくしかありません。

今はシェーク主流の時代ですので、ペンホルダーの選手には頑張ってほしいなと個人的に感じています。特に若い層での片面ペンホルダーは中々見かけないので、応援したいですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る