卓球 日ペンのバック技術集!

卓球の日ペンを使っている人はバック技術も使えるようになりたいところ。私自身、日ペンでバック技術を多用するので、動画にしてみました。卓球やっている日ペンユーザーは是非、見てみて下さい。

【卓球】日ペンのバック技術集

私自身、日ペンでバック技術を多用します。多くの日ペンユーザーが使うのはバックプッシュだと思いますが、自分はバックドライブや状況に応じてバックハンドも使用。

以前、バック技術のリクエストがあったので動画にしてみました。是非、ご覧ください。

【卓球】日ペン×バックドライブ&バックハンド技術!

 

バックプッシュはみんな使いますが、バックドライブをやる人は滅多にいないと思います。

自分の場合はラケットを持つ時に浅持ちでバックドライブがやりやすい為、試合でも多用。バックドライブが出来ることで、バック側の長い球を回り込んで打つだけの選択肢にならないわけです。また、回り込んで打つと左右に揺さ振りをかけられてしまうパターンが多いので、そうならなくなるメリットもあり。

バックハンドについては、自分の左前辺りにふわっときた球に対して打つようにしています。それは待ち構えてではなく、無意識に振っています。

多球練習などで数をこなして身体に覚えさせることで考えてではなく、無意識に体が反応して打てるようになることが可能。自分は学生の時にかなり練習しましたので、それが身体に染みついているというわけです。

今現在シェーク主流の時代、日ペンはオールフォア卓球だけでなく、バック技術も出来るようになることが大切。プロの吉田海偉選手もバックプッシュやカットブロック,サイドスピンなどで変化をつけて相手のミスを誘ったりチャンスを作る戦い方をしています。

自分がやるみたいにバックドライブやバックハンド技術は必須ではないにしろ、バックプッシュで決めに入ったり変化をつけて上手く戦うことも勝っていく為に重要な技術だなと感じています。

試合で日ペンのバック技術が上手く安定して使えるように練習していきたいと思います!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る