卓球 高校スタートでもここまで出来る!大事な三種の神器!

卓球を高校から始めた人!中学スタートの人より出遅れてのスタートになります。しかし、練習の仕方によって中学スタートに追いつき追い越すことも十分可能。今回は中学の時は野球部で卓球を高校スタートした遠藤くんと私蓮の動画を見てほしいと思います。

【卓球】高校から始めた2人!上手くなる為には!?

卓球を高校から始めて今現在は地元社会人リーグ1部、一番上の部で活躍している遠藤くん。粘着ラバー使いでブチギレのループドライブとブチギレのサーブを武器に戦うプレイヤーです。

ちなみに私蓮も卓球は高校スタート。中学時代はバスケ部でした。

そんな高校スタート2人のプレイ動画をどうぞ!

【卓球仲間×試合】左利きのサーブが激ウマ選手!サウスポーの高校スタート!

 

動画越しだと少しわかり辛いかもしれませんが、遠藤くんのサーブはかなり切れています。初見だと最初、落としてしまう人が多いかと。前に遠藤くんに話を聞いたところ、高校時代サーブ練習にかなり力を入れたそうです。サーブ練習は本当に大事!

また、積極的にカウンターを狙いにくるし、左右に揺さ振っても食らいついてくる粘り強さもあり。

高校スタートでもこれだけ上手くなることが可能なわけです。

私自身、卓球が上達する為にはなにが大切なのか?色々な方のお話や私自身の経験を含めて考えたことがあります。

卓球が上手くなる為の三種の神器。これはネットビジネスと同じ考え方なのですが、「マインド」「ノウハウ」「環境」が大切になってきます。

マインド

絶対に強くなる!勝つ!という気持ちが必要。強豪校の選手はかなり厳しい練習だとしても、これだけ勝つ為にはこれだけ質の高い練習をこれぐらいするのは当たり前!というようにやります。
一方、中々上達出来ない選手は、この練習は厳しいからこれぐらいで辞めておこうなどと自分に甘いのではないでしょうか?
毎日の辛い練習メニューで、勝っていく選手は「勝つ為にはこれぐらいの練習は当たり前、やらなきゃダメ」という考え。逆に勝てない選手は「こんな練習キツイよ、ムリ」と途中で投げ出したりするでしょう。
このマインドの部分はかなり重要で、自分に厳しく怠けないようにしなければなりません。人って楽な方へ行きたがる生き物ですので、自分に厳しくって結構大変なこと。
マインドをしっかり持つことは上達する上で必須になってきます。




ノウハウ

ノウハウ、つまり練習内容のことです。いくら長い時間頑張って練習したとしても、その練習に意味がなければ効果的ではありません。プロ選手も話していますが、「正しい練習をしていなければ努力は裏切る」と。いくら長い時間努力して練習したとしても、意味のある練習でなければ勝っていくことは厳しい。
その人のレベルにあった効果的な意味のある練習をすることは必要不可欠。
例えば、初心者がいきなり引き合いの練習をしても意味ないし(そもそも出来ないしミスばかりで練習にならない)、試合で来るはずのない展開の練習をしてもさほど意味はありません。
例をあげると、多球練習で1球目にフォア前に出してもらいその球をフリック。2球目に短い球を出してもらいそれをストップするなど。試合でフリックしたらほぼほぼ短い返球はきませんよね?(粒高選手など例外はあり)
システム練習をする場合は実際に試合で起こりえる,起こりやすいパターンを練習しなければ意味がありません。自分がいつも得点しているパターン,失点しているパターンを把握し、試合ではミスなくプレイしていくことが大切。より効果的な卓球の練習をするようにしましょう!

環境

ここで言う環境は練習場所のことではないです。確かに、広く設備が整った場所で練習出来ることはプラスですが、ここで言う環境は指導する人のこと。
YouTubeなどで色々な技術動画があります。中には有料級のとても参考になるものも。そういった動画を見て自分で実践することは大切ですが、しっかり指導してくれる人が身近にいるかいないかではかなり大きな差になります。
動画を見て自分でやってみるだけでは正直、限界があります。間違った方向に進んでしまう人って結構多くいるんですよね・・・。そこで、軌道修正してくれる指導者は必須。
正しく軌道修正してくれる指導者がいることで、自分が間違ってそれてしまっていても直してもらえます。
強豪校,強い選手って正しい知識を持っている指導者に教わっていることがほとんど。指導者の存在はでかいです。

卓球が上手く強くなる為のお話をしました。上記の内容をおさえておけば成果は出てくると思います。例え高校スタートだとしても関係ありません。

私自身、高校スタートで県大会出場をしましたし、私の知り合いは高校スタートで全国大会にもいきました。大切なのはマインド,ノウハウ,環境。

卓球が上手く強くなりたい学生を応援します!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る