卓球 伊藤繁雄のプレイ動画!利き腕と逆で練習しチャンピオンへ!!

卓球の伊藤繁雄選手といえば、右ペンドライブ攻撃型。現代の子で知っている人は少ないかと思いますが、凄い選手なんです。現役時代のプレイ動画がありますので、見ていきましょう!

【卓球】伊藤繁雄のプレイ動画

卓球の伊藤繁雄選手、まずはプレイ動画を見てみましょう。

Stellan Bengtsson – Shigeo Itoh 伊藤繁雄 1971

 

動画では奥のペンホルダーが伊藤繁雄選手です。凄いフットワーク力と威力ある球を打ちますよね。

そんな伊藤繁雄選手の利き腕は左!なのに、卓球では右のペンドラです。それはなぜなのか・・・?

小学生の時に公民館へ行くと大人が卓球をやっていて、それが伊藤繁雄選手と卓球の出会い。

小学生だった伊藤繁雄選手はある時、大人に勝ってしまいました。その負けてしまった大人は悔しがり「左手で打つのはずるい。右手でやらないと仲間に入れない」と伊藤繁雄選手に言いました。

その為、伊藤繁雄選手はラケットを右手に持ち替えて練習。しかも、現役を引退するまでずっと右手でプレーし続けたのです!

「左手で打つのはずるい」と言った大人は大人げないですが、伊藤繁雄選手の努力は本当に凄いですよね。

伊藤繁雄選手の主な成績は世界卓球選手権大会初出場となる1969年世界卓球選手権ミュンヘン大会で男子シングルス優勝。1971年世界卓球選手権名古屋大会では男子シングルス準優勝。全日本卓球選手権大会では男子シングルス優勝2連覇を達成!

卓球の伊藤繁雄選手のことは多くのペンドラユーザーに知ってもらいたいですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る