メンズが縮毛矯正で失敗しない方法!ぺったんこヘアーやハイダメージを回避!

最近ではメンズでも縮毛矯正をする人が増えてきていますね!V系が好きな人が主にやっていた縮毛矯正ですが、一般のメンズでもストレートに憧れてやる人が増加傾向に。ただ、失敗した・・・と落ち込むメンズがかなり大勢いるという事実があります。そこで今回は、メンズが縮毛矯正で失敗しない為の方法をご紹介。私自身も縮毛矯正をやっていて、失敗したことがありますので、これから縮毛矯正にチャレンジする人の参考になればと思います。

【メンズ】縮毛矯正で失敗しないためには!?

まず大前提として、しっかりとした美容院で行うようにして下さい。口コミや評価などを見て判断したり、友人のおススメの場所など信頼できる美容院を選ぶこと。

縮毛矯正を失敗しない方法としてオーダーの仕方が重要になってきたりするのですが、口コミや評価が悪い美容院に行ってしまうことで自分のオーダーがちゃんと伝わらない,美容師に技術がないとなれば元も子もありませんので・・・。

ちゃんと知識のある美容師がやってくれる美容院に行くこと!これは絶対です。個人的にはチェーン店よりも個人経営の方が好きですが・・・。その理由として、チェーン店はコスト削減にばかり目が行きがちの傾向にありますので・・・。もちろん、全部のお店がそうでないとは思います。ちなみに私は個人経営のお店にずっと通っていますよ!

ぺったんこヘアーを防ぎたい!

縮毛矯正で失敗だ!!と思う出来事の1番はぺったんこヘアーではないでしょうか?メンズがカッパみたいなぺったんこヘアーになってしまうのはかなりきつい・・・。しかも、縮毛矯正が取れるまでには時間がかかりますので、暫くの間ぺったんこヘアーで我慢しなければなりません。帽子など被って隠してしまおう!と思うかもしれませんが、縮毛矯正して直ぐに帽子などを被ってしまうと跡がついてしまいます。最低でも縮毛矯正してから2週間ぐらい置いてから帽子などは被るように・・・。

と言うことは、縮毛矯正は失敗できない!となるわけです。そこで、オーダーの仕方を工夫してみてほしいです。

美容師さんに「縮毛矯正お願いします!」とアバウトに言うのではなく、少し細かくオーダーすることがポイント。カッパみたいなぺったんこを防ぐために、トップの部分を少し弱めにかけてほしいとお願いするとよいでしょう。

トップ、つまり、頭のてっぺんの辺りですね。トップの部分だけ液の添付時間を短くしてもらいましょう!私はいつも、トップ以外の部分から液をつけてもらい、最後に時間差でトップに液をつけてもらいます。そして洗い流す感じですね!




こういった添付時間の感覚などは知識のある美容師さんならば把握しているはず。ですので最初にも話した通り、しっかりと知識のある美容師さんがやってくれる美容院でやって貰うようにして下さい。

あと、縮毛矯正は髪に「真っ直ぐ」を覚えさせるためにアイロンでストレートにします。大まかな手順は下記の通り。

<縮毛矯正の手順>
➀1液をつけて時間を置く
➁1液を洗い流して髪を乾かす
➂ヘアーアイロンをかける
➃2液をつけて時間を置く
➄2液を洗い流して髪を乾かす

1液を洗い流した後に、髪にストレートを覚えさせるためにアイロンをやるのですが、この時、普通に真っ直ぐかけてしまうとストンと直線的な感じに仕上がってしまいます。ですので、若干内巻きにアイロンをかけて貰うようにして下さい。

内巻き過ぎると女性っぽくなってしまい変になってしまいますので、若干。この辺の技術なんかも、腕のある美容師さんならば上手くやってくれます。

縮毛矯正でメンズがぺったんこヘアーにならない為に、「トップを弱めにかけてもらう」,「アイロンをかける時に若干内巻きにしてもらう」ことを美容師さんにオーダーするとよいでしょう。この辺を美容師さんと相談しながらやってみて下さい!

また、縮毛矯正の液には色々種類があり、それぞれ特徴があるんだとか・・・。液についても美容師さんに色々と聞き、自分に合った液を選ぶのがよさそうですね。

ハイダメージを防ぎたい!

次に、縮毛矯正をやったことで予想以上にダメージを受けてしまい、驚いてしまうこともあります。髪がチリチリになったり、枝毛が酷くなったり・・・。

縮毛矯正をやることで髪のダメージは防げませんが、酷すぎるダメージは防ぎたいですよね。そこで、自分の髪の状態は必ず美容師さんに伝えるようにして下さい。

とある美容師さんに聞いた話で驚きの話があったのですが、あるお客さんがブリーチをしていた髪を自分で市販の物で黒髪に戻し、美容院で縮毛矯正を頼んだそうです。美容師さんは普通の黒髪だしと思い、特にお客さんに何も確認せず縮毛矯正を行ったところ、髪が溶けてしまったとのこと!美容師さんがお客さんに髪について尋ねるとそこで初めてブリーチしていたことがわかったそうです。

恐らく、お客さんは何度もブリーチを繰り返していて、髪はかなりダメージが酷い状態。そんな状態で普通に縮毛矯正を行ってしまったから、髪が溶けてしまう結果に・・・。髪にダメージがある場合は縮毛矯正の液の時間を短縮したり、考えながら作業をしなければいけないですから・・・。

ブリーチをしていたことを伝えなかったお客さんも悪いし、髪の状態を見て、判断できなかった美容師さんも問題があったでしょう。黒髪で特に何も言われないのであれば、見抜くのは難しいのかも?わかりませんが・・・。

ですので、カラーをしたり、ブリーチをしたりと、何かしら髪へのダメージがある場合は必ず美容師さんに伝えるように。「いつぐらいにこんなことをした!」と伝えてあげるとよいでしょう。

私もカラーやブリーチをした時はちゃんと美容師さんに話し、上手く調整してやって貰いましたよ!




そしてお気づきの方もいるかと思いますが、ブリーチをした髪に縮毛矯正をやることはあまりおススメできません。特に何度もブリーチを繰り返している人は!普通の美容師さんならば、髪のダメージが酷くなるし辞めた方がよいですよ!と、とめてくれるかと思います。ブリーチと縮毛矯正に憧れる!といっても、その後の髪の状態が酷いと見栄えが凄く悪いですからね・・・。

女性なんかは男性の髪の状態とか細かい部分をちゃんと見ていると思います。私も女性の髪の状態をつい見てしまうのですが、いくら綺麗なブリーチで真っ直ぐなストレートでもダメージが酷い髪だと「ちょっとな・・・」と思ってしまいます。

カラーや真っ直ぐといった見た目に拘る以上に、髪のダメージを気にすることをおススメしますよ!

ただ、ダメージなんか気にしない!ブリーチと縮毛矯正をどうしてもやりたいんだ!と言うのであれば、ハイダメージを覚悟で美容師さんと相談し、行うとよいでしょう。

私も過去に1度、ブリーチした髪にいつもより弱めに縮毛矯正をやって貰ったことがあるのですが、結構ダメージが酷くなりましたね・・・。それ以来、ブリーチの髪に縮毛矯正をやることはなくなりました。ブリーチではなく、普通に茶髪などカラーの髪であれば大丈夫でしたが!

また、自分の髪がダメージを受けているのであれば、シャンプーやトリートメントもしっかりとした物を使うことをおススメします。一般のシャンプーやサロン品質よりもサロン専用のを使うとよいでしょう。

自分の髪の状態によってどういった物を選ぶとよいのか?知識のある美容師さんにアドバイスを貰いながら選んでみましょう。サロン専用のシャンプーは使うとわかるのですが、一般のシャンプーとは全然違いますよ!ちなみに、一般のシャンプーは洗浄力が強すぎるので、あまりおススメできません。

今回はメンズの縮毛矯正で失敗と言われてしまう、ぺったんこヘアーとハイダメージについてお伝えしてみました。

失敗をしないように、気をつけてやってもらって下さいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る