縮毛矯正 メンズが失敗を防ぐにはオーダーの仕方と美容師の技術次第!

メンズの縮毛矯正。結構多くのメンズが失敗してしまった・・・と嘆いていたりします。女性ならばピンと真っ直ぐでも変ではないですが、男性だとそうはいきません。ある程度ぺたーとなってしまうのはしょうがないですが、なるべく自然にみせるには?失敗しないためには?どうすればいいのか考えていきましょう。

【メンズ】縮毛矯正で失敗を防ぐためには?

メンズの縮毛矯正で一番重要視する部分が、いかにナチュラルな仕上がりにしてもらうか。まず、そもそもなのですが知識と腕のある美容師さんにお願いするようにしましょう。知識,技術がないところでやってもらうと、必ず失敗した髪型になってしまいますからね。私自身も過去に1度、経験があります。

ですのでまずは、友達の紹介や口コミなんかで信頼できる美容院を探すことが重要。大前提として、しっかりした美容師さんにやってもらわなければ成功することはないですからね。

次に、オーダーの仕方がポイント。美容師さんの思っている仕上がりイメージとお客さんが望んでいる仕上がりイメージが出来るだけ同じになるように、ちゃんと自分の考えを伝えることが大切。

V系みたいに真っ直ぐピンピンな感じにしたいのか?出来るだけナチュラルな感じに仕上げたいのか?同じ真っ直ぐでも違いがあります。

失敗しない為には、出来るだけナチュラルにしたいのであれば、下記のポイントを美容師さんに伝えましょう。

<ポイント>
・トップだけ弱めにかける
・アイロンの時に若干内巻きにする

まず、トップだけ弱めにかけてもらうことで、カッパみたいなぺったんこを避けることが出来るかと思います。ある程度ぺたーとなってしまうのはしょうがないですが、酷い仕上がりを避ける為にも、トップを弱めにしてもらうことはおススメです。

次に、縮毛矯正は途中、アイロンをする工程があるのですが(真っ直ぐを髪に覚えさせる)その時、若干内巻きでアイロンをやってもらいましょう。そうすることで、ピンピンの真っ直ぐな状態を回避。ただし、あまりにも内巻きにすると女の子みたいになってしまいますので、あくまでも若干です。

メンズの縮毛矯正で失敗しないための主なポイントはこれら。是非、メンズは参考にしてみて下さい。

また、縮毛矯正は何種類か薬剤があり、それぞれ特徴があります。知識のある美容師さんならば、お客さんの希望の仕上がりや髪の状態に合わせて上手く使い分けていることでしょう。物凄く技術のある美容師さんならば、1つの薬剤で上手く調整したりも可能。

美容院によって取り扱っている薬剤の数や種類は異なりますので、その辺りは美容師さんに任せましょう!

ちなみに、個人的にはスピエラという液でやってもらうのがおススメ。他の薬剤に比べてトリートメント的で軽くかかる感じです。(軽くといってもある程度ぺたーとはなりますが)
難点としては薬剤の臭いが強い点。数日間臭いが残りますので、そこだけデメリットですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る