卓球 ペンのショートで下回転を返球する方法!

卓球やっている人の中には片面ペンの人もいて、下回転をショートで返球できないか?悩んでいる卓人もいるのではないでしょうか?今回はペンのショートで下回転を返球するコツを動画で見ていきたいと思います。卓球好きは確認しておきましょう!

【卓球】ペンのショートで下回転を返球するには?

卓球やっている人で片面ペンのユーザー、下回転の処理は基本的にツッツキやストップが多いのではないでしょうか?他にはフリックだったり流しだったり。ショートで返球できるようになれば戦術の幅が広がりますし、相手の選択肢を狭める,悩ませることも可能になります。

さすがに切れた低い質の高い下回転に対してはかなり難しいと思いますが、浮き気味になった下回転とかならショートで返すことは可能。さっそく動画でポイントを確認していきたいと思います。

【片面ペン以外見るな!】下回転をバックショートで攻撃する方法【卓球知恵袋】

 

WRMさんのチャンネルでXiaさんがわかりやすく見やすく解説しています。

自分自身も片面日ペンですがバックに下回転系のサーブがきた時、基本的にはツッツキやストップですがバックドライブやバックショートで合わせて返球したりもします。

ツッツキとストップだけしかないと対戦相手に予測をつけられやすく、攻められやすくなってしまいます。しかし、バックドライブやバックショートで返すことが出来れば相手も予測をし辛くなるでしょう。

片面日ペンで下回転に対してバックドライブやバックショートをやる人はあまりいない印象ですので、身に付けておくことで対戦相手は嫌がってくれるはず。バックが使える分シェークが有利の時代と言われていますので、片面日ペンでもバック技術を身に付けて増やしたいところ。

ペンのショートで下回転を返球というのは練習しないと難しいと思いますが出来るようになれば武器になりますので、片面日ペンの方には身に付けてほしいと思います!

卓球で片面日ペンユーザーを応援します!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る