卓球 ペンホルダーラケットで両面を貼る戦い方!

卓球のペンホルダーラケット、中国式ペンなら両面貼って裏面打法でバックが振れたりします。ただ中には、日本式ペンホルダーで人差し指にコルクを引っかける方がよい、さらに裏面も使いたい!という卓人もいます。そんな卓人におススメなのが反転式ペン(リボルバー)ラケット。今回はこれについて考えていきましょう。

【卓球】ペンホルダーラケットで両面を使う!

卓球のペンホルダーラケットで両面を使いたいなら中国式ペンでよいじゃん!となりますが、人により拘りあり。実際、反転式ペン(リボルバー)を使っている人は滅多にみかけませんが、自分の知人で使っている人がいます。

反転式ペンに裏裏を貼って、基本フォアだけどたまに二面を振ってくる戦い方。急に二面で振ってこられると不意を突かれてしまうことがある為、有効な戦い方だなと感じました。

反転式ペン(リボルバー)

また、裏面に粒や表を貼るのもあり!レシーブでのみ変化や安定を求めて使う戦い方の人もいます。技量がある人はラリー中でも使用したり、反転して攻めてきたりも!

反転式ペンは扱うのが難しい反面、しっかり使いこなす技量があれば武器になるラケット,戦型になることでしょう。

その他に、卓球のペンホルダーラケットで両面を使いたいのであれば、片面日本式ペンホルダーの裏面にラバーを貼るのもあり!半円コルクの部分をカッターとヘラを使って剥がせばラバーを貼ることが出来ます。(ちなみに、半円コルクの頂点から上全面にラバーを貼るのもルール上あり)

自分の求めていることや拘りに合わせてラケットやラバーを選択。そして、変化をつける戦い方で相手に勝利したいところですね!

最後に、反転式ペンに裏裏を貼っている知人との試合動画を載せておきます!
基本というかほぼほぼフォアで、不意に裏面振られるとやはり嫌でしたね・・・。

【卓球×試合】日ペン裏裏の珍しい戦型!安定したプレーが持ち味!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る