卓球 吉田海偉のグリップ部分画像!フォアとバックでどう握っている?

卓球の吉田海偉選手、多くの片面ペンユーザーの憧れだと思います。そんな吉田海偉選手のグリップ部分はどうなっているのか?気になるのではないでしょうか?今回は卓球の吉田海偉選手のグリップを見ていきたいと思います。

【卓球】吉田海偉のグリップ画像

卓球の吉田海偉選手、グリップ部分を画像で見ていきたいと思います。フォアの時とバックの時のグリップ画像を確認していきましょう。

フォア打球時

<表面>

<裏面>

バックショート時

<表面>

<裏面>

吉田海偉選手使用モデルラケット

フォア打球時のグリップ部分の表面の画像を見てみると、指を置く部分までラバーは貼らずに少しあけているのがわかります。また、人差し指と親指の間隔が近いのも注目ポイントです。
裏面を見てみると、指が真っ直ぐ綺麗に伸びているのがわかります。

バックショート時のグリップ部分の表面の画像を見てみると、親指を外して打っているのがわかります。
裏面を見てみると、少し丸まっているのがわかりますね。

片面ペンユーザーは人によりグリップ部分が変わってきますが、吉田海偉選手のグリップは基本的な形になります。

上手くプレイが出来ずに悩んでいる片面日ペンユーザーは吉田海偉選手のグリップを参考にしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る