卓球 吉田海偉のラケット裏面の画像!衝撃のその内容とは!?

卓球の吉田海偉選手の使用しているラケット、片面ペンということで裏面がどうなっているのか?気になる卓人が数多くいます。そこで今回は卓球の吉田海偉選手のラケットの裏面を画像で見ていきたいと思います。吉田海偉選手ファンは要チェックですよ!

【卓球】裏面はどうなっている?吉田海偉のラケット画像

卓球の吉田海偉選手の使用しているラケットは中ペンですが片面仕様。ということで、裏面はどうなっているのか?さっそく画像を見てみましょう。

吉田海偉ラケット 裏面

まず驚きなのが、マジックで黒く塗りつぶしてありますね!ラッカースプレーなどで綺麗に塗装してあるかと思いきや、マジックでしかも結構雑に塗られています。

これには多くの卓人がツッコミを入れてますねw

そして、滑り止めでスポンジを貼っています。これは恐らくラバーのスポンジ。自身でラバーのシートから剥がしたのかメーカーに頂いたのかはわかりませんが、ラバーのスポンジはクッション性もあり、かなりおすすめ!

スポンジの色が白ということからブライスのスポンジではないか?と予想している卓人もいます。

ただ、ラバーのシートとスポンジを剥がすのは結構大変だったりします。上手く剥がすことはかなり難しいでしょう。そこで、ホームセンターなどにスポンジが売ってたりするので、そういった物を代用することをおすすめします。

私自身、バタフライから発売されている吉田海偉ラケットを所持していますが、片面仕様にしています。ホームセンターで黒のラッカースプレーと黒のスポンジを購入。後は塗装して両面テープでスポンジをラケットに貼り付けるだけ。簡単に誰でも出来ます!

塗装する時はマスキングテープをすることを忘れずに!!また、塗装は晴れた日の日が出てる間に行うことをおすすめします。

卓球の吉田海偉選手のラケットの裏面、気になっていた卓人は結構いるかと思います。同じようにやりたいと思っている卓人は画像を参考にし、是非、チャレンジしてみて下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る